財団法人横浜市緑の協会

横浜市こども植物園・横浜市児童遊園地 Yokohama Municipal Children's Botanical Garden・Play Ground

こども植物園・横浜市児童遊園地

概要


こども植物園・横浜市児童遊園地とは


◆こども植物園

こども植物園は昭和54年6月23日、国際児童年を記念して開園した広さ約3.0ha(うち、公開面積2.6ha)の公園です。こどもたちに、植物に接し自然に親しみながら植物の知識を深め、緑を守り育てる思いやりのある心を培ってもらうとともに、市民の皆さんに対する緑化の普及教育活動を行っています。
園内は、花壇・バラ園、野草園、くだもの園、竹園、花木園、生垣園、薬草園などが整備され、中には、ニュートンのリンゴの木、メンデルのブドウをはじめ珍しい品種が数多く集められています。 また、園内28ヶ所に植物クイズパネルが設置され、楽しみながら植物について学ぶこともできます。
1階展示室ではサクラソウ展やハナショウブ展など展示会が定期的に開催され、2階研修室ではこども植物教室やガーデニング講習会、図書コーナーは開園時間内に利用できます。

写真写真写真

こども植物園は、次の3点を目的に設置されているため、緑を通じてこどもを育てます。

  • 植物を題材とした自然史博物館的施設として、収集・保存、育成・展示活動をとおして、利用者に植物を楽しんでもらう機会を提供する
  • 植物をとおして自然にふれることにより、こどもたちに緑を守り・育てる心を育む
  • こどもを対象に普及啓発的活動をとおして教育する

なお、大人の方々に対しても植物展示やガーデニング講習会など満足いただける事業を実施しています。
また、こども植物園内では「緑の相談所」を併設しており、庭木・花木から草花、野菜作りなど植物全般に関する質問にお答えしています。相談は無料。お気軽にご相談ください。

<設置当初に寄せられた期待>
○木原博士「植物の名(和名)とその科を書いた立て札を見て覚えるとよいでしょう。」
○教育長 「自分たちの生活の中で、生物を愛し、育て、大切にすることにより、心身ともに豊かな人間に育つことを期待いたします。」
○緑政局長「少しでも自然にふれ、自然に親しみ、植物を通して、大人からこどもまで愛され親しまれて新しい生活文化の創造の場となることを願っております。」
(※こども植物園だより第2号、第3号、第4号より引用)

こども植物園の園内地図はこちら


写真 写真 写真 写真


◆横浜市児童遊園地

横浜市児童遊園地は、元来の地形や樹木を活かして整備されているため、園内に傾斜地が多く、樹木も豊かに繁っている緑に囲まれたのどかな公園です。昭和4年10月6日に公開され、面積約8.1ha(市環境活動支援センター含む全体面積14.1ha)の公園内には、樹林の他に広場や園路、遊び場、池等、多様な施設が整備されています。
四季の移ろいや安らぎを与える癒しの場であり、ジョギングや軽スポーツ等レクリエーション運動広場、遊び場とともに、池・流れや花見など、市民の憩いの場・散策の場として活用されています。

また、環境活動支援センター、横浜市こども植物園、英連邦戦死者墓地などの施設と隣接し、1980年には横浜市環境事業局(現:資源循環局)の保土ヶ谷工場が建てられると共に、保土ヶ谷プール(温水室内プール)があります。

児童遊園地の園内地図はこちら

写真写真写真

写真 写真

 

基本情報


面積 こども植物園/約25,829㎡ 横浜市児童遊園地/約140,892㎡
所在地 こども植物園/横浜市南区六ツ川3-122 横浜市児童遊園地/横浜市保土ヶ谷区狩場町213
開園時間・休園日 こども植物園/9:00~16:30、休園日は毎月第3月曜日(祝日にあたる場合はその翌日)、12月29日~1月3日
入園料無料
交通 JR保土ケ谷駅等より市営・神奈中バス「児童遊園地入口」下車。   詳しくはこちら
お問合せ TEL:045-741-1015
駐車場 あり(駐車場詳細情報はこちら)
(料金:30分100円 以降30分:100円 営業時間:24時間、収容台数:50台)
その他 ジュース・アイスの自動販売機あります。
利用状況 こども植物園:植物観察/緑の相談/散歩/写真撮影/絵画作成/学校教育のフィールド実習など
横浜市児童遊園地:ウォーキング/ジョギング/子育て世代の散歩/犬の散歩/遠足(幼稚園、保育園、各種学校、福祉施設等)/部活の練習/池周辺での憩い/お花見など

公園に隣接した主な近隣施設


保土ヶ谷プール

(公財)横浜市体育協会により管理・運営がされている公営温水プールであり、通年利用できるプールです。
プールは、25mプール、児童プール、幼児プールの3種類のプールがあり、プールサイドに踏みしめて歩くことで血液循環を良くし、リフレッシュ効果のある「足ツボ小道」や、室温50度前後の「採暖室」も設置されていて、カップラーメン、スナック等の軽食と飲み物、アイスクリーム等がの自動販売機コーナーなど設備が充実しています。


写真


環境活動支援センター

環境活動支援センターは、みどり(樹林、公園、農)の分野での人材育成を中心に、市民の環境活動を支援する事業を進めています。園内は、緑豊かな散歩コースとして親しまれておりハーブガーデンなどがあります。


写真


■英連邦戦死者墓地

サンフランシスコ平和条約に関連して締結された「日本国における英連邦戦死者墓地に関する協定」によって設けられ、英連邦戦死者墓地委員会によって維持管理されている墓地です。日本国政府の厚意によって提供されたこの土地には、英連邦諸国、アメリカ合衆国、オランダ王国の各国民で祖国の為に生命をささげた人々が葬られています。


写真


横浜市狩場緑風荘

横浜市狩場緑風荘は、児童遊園地に隣接した緑豊かな丘の上に位置し、地域の高齢者の方が健康で明るい生活を営むために必要な各種相談、健康増進、教養の向上及び、趣味や娯楽の機会を通じて、総合的なサービスを提供しています。


写真


季刊誌「こども植物園だより」!


こども植物園では、植物や自然についての知識の普及啓発と催し物の広報のために「こども植物園だより」を発行しています。