財団法人横浜市緑の協会

横浜市こども植物園・横浜市児童遊園地 Yokohama Municipal Children's Botanical Garden・Play Ground

こども植物園・横浜市児童遊園地

散策ガイド


こども植物園マップ 横浜市自動遊園地マップ

こども植物園マップ


展示研修館 緑の相談所 温室 竹園 シダ園 メタセコイアの並木 バラ園 くだもの園 野草園 生垣園 花木園 薬草園 水生植物 木原 均博士記念碑
PDF

展示研修館 1F展示室にて植物の生もの展示やパネル展示などを開催しています。
2F研修室にて、親子教室、ガーデニング講習会などを開催しています。
展示研修館
緑の相談所 庭木・花木から野菜作りなど、植物全般に関するご質問などに無料でお答えします。電話による相談もできます。TEL045-741-1024
緑の相談所
温室 温室は、温度、湿度、日光を人工的に調節して植物を育てるための建物です。この温室には寒さから植物を守るために暖房の設備があり、冬の寒さや雨の多い日本の気候にあいにくい熱帯・亜熱帯の植物や、乾燥を好むサボテンなどの多肉植物を集めました。 温室
竹園 タケの仲間は、タケ、ササ、バンブーの3つに分けられ、食用や道具になったり、庭に植えられたりと、わたしたちの生活にいろいろ利用されています。かつては、イネ科に分類されていましたが、最近はタケ科に分類されることが多いようです。
こども植物園では、タケは四角の枠、ササは丸い枠、バンブーは枠なしと分けて植えられています。
また、エジソンが電球を作った時に使った京都のマダケや横浜の名前がつけられたササのヨコハマダケなどが植えられています。
竹園
シダ園 シダ類は、花の咲かない維管束植物で、胞子や体が分かれて殖えます。世界に約1万種、日本には640種があります。ここでは、シダの根・茎・葉の区別、胞子のうの形やつきかた、はえているようすを勉強してください。 シダ園
メタセコイアの並木 植物園の裏門近くにはメタセコイアの並木があります。約30メートル以上の高さはあるでしょうか。まっすぐに立派に成長しています。 メタセコイアの並木
バラ園 バラの原種は北半球に広く分布し、世界に約150種あり、日本には約30種自生しています。その栽培は古く、紀元前2000年前のバビロニアの時代からといわれています。そして、花を観賞するだけでなく、薬用や香料としても利用されていました。今でもブルガリアなどでは香料をとるために栽培されており、野生のバラの実は薬用に使われています。特に観賞用のバラがもてはやされるようになったのは18世紀に中国や日本のバラがヨーロッパに伝わり、フランスやイギリスで様々に改良され、四季咲きや房咲きの系統が作出されてからです。
観賞用のバラは次のような系統に大別できます。
ハイブリッド・ティー(H.T)四季咲き大輪木バラ
ミニチュア(Min.)小輪木バラ
フロリバンダ(F.)四季咲き房咲き木バラ
クライミング(Cl.)つるバラ
また、横浜市は、1989年市制100周年、開港130周年という節目の年を迎え、市民公募により市の花に「バラ」を制定しました。バラは世界中の人々に愛され、花の女王ともいえる美しい花で、横浜ともゆかりの深い花です。2009年には開港150周年記念のバラ「はまみらい」も発表され、園内にも多く植栽されています。
バラ園には現在約150種類450株が植えられています。
バラ園
くだもの園 樹形・花・実のなっているようすを見られるよう、カキ、ブドウ、カンキツ類、ウメなど、日本で多く生産されているくだものを栽培しています。特にカキは、甘柿では最も古い品種で
神奈川県産の「禅寺丸」をはじめ約100種を一堂に集めています。
くだもの園
野草園 野草園は、野の花に親しみながら自然を知り、大切に守ってもらうため、市内の野山や道端に昔からあった野草を集めました。みなさんがよく見かける草花も多く、形や名前を覚えるとより身近に感じることができます。
石を組み合わせたロックガーデン風にしつらえてあり、山や林の静かなたたずまいやおもむきを楽しんでください。
野草園
生垣園 生垣は、家や庭の囲いや仕切りとして樹木を使っている垣根で、風や火を防いだり、目隠しの役割も果たします。生垣に適する樹木としては刈り込みができ、芽吹きの良い種類が選ばれます。
住宅街では、手入れの行き届いた生垣は、落ち着きのある街をつくり、私たちの心に安らぎを与えてくれます。
地震の多い日本では、ブロック塀が倒れて多くの死傷者を出すなどの経験を踏まえ、生垣の良さが見直されるようになりました。
(公財)横浜市緑の協会では戸建住宅に生垣を設置する際に「生垣助成」を行っています。詳しくはこちら
生垣園
花木園 花や実、幹、枝、葉などが美しい木を、広い意味で「花木(かぼく)」と呼んでいます。花木は、私たちの心をなごませ、四季のおとずれを伝え、季節とともに夢や思い出を与えてくれます。
わが国では、昔から特に花のきれいな花木が好まれ、「万葉集」などにも数多くの歌が残っています。また、江戸時代には花木の栽培がさかんになり、園芸品種も多くつくられました。日本を原産とする花木は、コブシやサクラなど世界に誇る美しいものが多く、世界各地で親しまれています。
花木園には、マンサクやコブシをはじめ、サクラ、ツツジ、シャクナゲ、サルスベリ、キンモクセイ、サザンカなど、身近で季節を感じることができる花木や魅力ある樹木が植えられています。
花木園
薬草園 人間は、昔から飢えや病気、ケガとの闘いでした。
薬の発見は、人々がまだ草や木、そして、それらの実を食べていた時代に食べられるもの・毒のあるものが経験でわかり、ちょっとしたきっかけで見つかったものです。そして、毒草も少しずつ使うと薬になることもわかりました。
今日では、有効成分を化学的に合成したりしていますが、作用が強かったり副作用が問題となり、薬草(生薬)が見なおされています。
この園では、薬草のほか、人間がよりよい生活をするために発見し利用してきた植物を集めています。これら人間生活に深く結びついた植物を大切にしましょう。
野草園
水生植物 植物はさまざまな環境に適応してたくましく生きていますが、特に田んぼや沼地、川や湖など水分の多い場所に生えている植物を「水生植物」と呼んでいます。例えば、植物体全体が水の中にある「モ(藻)」の仲間、水面に浮かぶ「ホテイアオイ」や「ウキクサ」「ヒシ」の仲間、葉だけが水上に出る「ハス」や「コウホネ」などのようにいろいろなタイプがあります。日本は地形が複雑で雨が多いので、かつては多くの水生植物が生育していましたが、開発が進み、水辺は埋め立てられ、川や湖が汚れ、水生植物は激減しています。
ここでは、かつて横浜のどこにでも見られた水生植物を中心に、鉢で栽培しています。
水生植物
木原 均博士記念碑 木原博士は植物遺伝学者であり、高等植物の遺伝学、進化学の分野で数々の業績を残し、特に、倍数体植物の染色体行動に関する研究で、世界に先駆けて「生物が個々の生活機能を営むための最小限の染色体のセットの単位」との「ゲノム説」を確立、定義することで21世紀の生命科学の基礎を築きました。またゲノム分析法による栽培コムギの祖先種を解明、「木原博士はコムギ博士」とも言われているほか、スイバにおける性染色体の発見、三倍体を利用した種なしスイカの作出で世に知られ、研究は広く博物学領域に及びました。
こども植物園は「木原生物研究所」の敷地の一部を寄贈いただき、整備したものです。
木原 均博士記念碑

▲ こども植物園マップに戻る


横浜市児童遊園地マップ


梅林 竹林 花畑 小広場 皇太子殿下御降誕記念植樹碑 遊具広場 自由広場 池 保土ヶ谷プール 狩場緑風荘 環境活動支援センター あづまや 英連邦墓地
PDF

梅林 美しく整備された梅林には、約45種約130本のウメの木が植えられています。また早春にはスイセン、夏にはアジサイ、秋にはヒガンバナを見ることができます。 梅林
竹林 ボランティアと協働で大切に竹を育てています。 竹林
花畑 春になると花畑にはナノハナ、周囲にはサクラが咲きます。また、広場の周りには約650本のサクラの木があり、春になると花見客で賑わいます。 花畑
小広場 花畑から少し離れた小高い丘の上に小広場があります。 小広場
皇太子殿下御降誕記念植樹碑 昭和9年11月に皇太子(現天皇陛下)の御降誕を記念して横浜市内の小学校、教員、児童により記念植樹を行ったことが記されています。 皇太子御降誕記念植樹碑
遊具広場 3~12歳を対象としたカラフルな複合遊具の他、ブランコや滑り台、砂場などがあります。野外卓もあるので小さなお子さんとお弁当やおやつを持って遊びに来てください。 遊具広場
自由広場 公園内では一番大きな広場です。広場の周りには、健康遊具が5種類(背伸ばしチェア、ペアけんすい、脚のばしステーション、ツイストスツール、ユッタリステップ)設置されています。 自由広場
コイ、カメ、メダカが生息しており、まれにカワセミも飛来します。 池
保土ヶ谷プール (公財)横浜市体育協会により管理・運営がされている公営温水プールであり、通年利用できるプールです。プールは、25mプール、児童プール、幼児プールの3種類のプールがあります。 保土ヶ谷プール
狩場緑風荘 横浜市狩場緑風荘は、児童遊園地に隣接した緑豊かな丘の上に位置し、地域の高齢者の方が健康で明るい生活を営むために必要な各種相談、健康増進、教養の向上及び、趣味や娯楽の機会を通じて、総合的なサービスを提供しています。 狩場緑風荘
環境活動支援センター 環境活動支援センターは、みどり(樹林、公園、農)の分野での人材育成を中心に、市民の環境活動を支援する事業を進めています。園内は、緑豊かな散歩コースとして親しまれておりハーブガーデンなどがあります。 環境活動支援センター
あづまや 公園内では唯一“和"の雰囲気が感じられる場所です。ベンチも設置されているので小休止にご利用ください。 あづまや
英連邦墓地 英連邦戦死者墓地委員会によって維持管理されている墓地で、英連邦諸国、アメリカ合衆国、オランダ王国の各国民で祖国の為に生命をささげた人々が葬られています。 英連邦墓地

▲ 横浜市児童遊園地マップマップに戻る